京都市内理容連絡協議会にて

こんにちは、久世包括の千木です。

先日、久世ホーム・施設コーディネート課 課長の結城と共に、

京都市内理容連絡協議会様より研修の講師としてお招きいただきました。

「なぜ、理美容の業界で介護のことを?」と思われるかもしれませんが、

業界は違っても、国全体の高齢化に伴い、

理美容界でも介護は身近な問題と捉えておられるとのことでした。

実際に、私自身もご相談等で理美容師さんにお世話になったケースもあります。

身だしなみを整えることは生活の一部ですし、介護が必要な状態になられても、それは一緒のことです。

髪の毛を切ってスッキリすると、いつもより少しおしゃれをしてみたくなったり、

人と会ってみたくなったりと、生活にハリが出ますよね!

業界を超えて、高齢者福祉の現状をお伝えする事の大切さを実感しました。

この度は、貴重な機会をいただき、ありがとうございました!