高齢サポート久世(京都市久世地域包括支援センター)のブログです。

記事一覧【最新情報】

インターンシップ生がやってきた!!

2017-08-07

こんにちは!久世包括の千木です! 昨年に引き続き、今年も、久世ホームでは、インターンシップの受け入れを行っております。 今年はなんと、総勢3大学から5名の学生さんが参加! こちらも、学生さんたちとの出会いを楽しみ、成長をともに喜びたいと思います!

かに鍋の会をお手伝い・・・♪

2016-12-09

こんにちは! 久世地域包括支援センターの千木です。 本日、久世ホームで開催された くぜごはん友の会の「かに鍋の会」をお手伝いしました! 毎年この季節になると、 おたっしゃ広場メンバーでもある西川管理栄養士が企画! 新鮮なカニと、デザートのお菓子を、 友の会の皆さんに召し上がっていただきました。 また、居宅介護支援事業所のケアマネジャーさんも多数ご参加いただきました。 最後はみなさん「もう食べられへん!!」とお腹いっぱいのご様子。 楽しいひと時でした! 京都市南区の介護・介護予防の市民相談窓口 出張型地域包括支援センター おたっしゃ広場

カフェおおやぶ蝶 第一回目!

2016-11-30

久世地域包括支援センターの千木です! 本日は、日頃お世話になっている、 久世学区のやすだ医院で、 高齢者の居場所づくりの一環である 「カフェおおやぶ蝶」の第一回目でしたので、 みんなでお邪魔してきました! 冒頭、院長・安田雄司先生より、 「フレイル」についてのお話がありました。 「フレイル」とは、虚弱とか脆弱という意味がありますが、 つまりは、「身体がストレスに弱くなっている状態」のことです。 高齢になると、少し閉じこもってしまっただけで、 精神的にふさぎやすくなったり、足が弱ったりします。 また、環境の変化にも対応しにくくなります。 そのような状態にアプローチすることが、 介護予防につながるという考え方ということです。 今回のカフェもその目的・・・ 頭と身体の体操を行い、 その後は日本レクレーション協会のご協力で、 「カーレット」という カーリングのルールに基づいたレクレーションを行いました! 職員も参加者の方々と一緒にチームを組んで参加! なかなか狙った所に石を置くことが出来ずに、 苦戦しながら、参加者の方の好プレーに大興奮!! 思わずお仕事を忘れてしまいました・・・!   最後はみんなでお茶とお菓子で歓談し、解散。 和やかなひとときでした。 普段は医師として診療されている安田先生ですが、 先生のまた違った一面を発見することが出来ました。 開催のご案内を頂き、ありがとうございました!   京都市南区の介護・介護予防の市民相談窓口 出張型地域包括支援センター おたっしゃ広場

新概念!オーラルフレイルとは?

2016-11-19

こんにちは! 久世地域包括支援センターの高田・千木です! この度、南歯科医師会の研修会にお邪魔してきました! 研修会の講師である、歯科医師・西川岳儀先生と、 歯科衛生士・赤井綾美先生は、 実は、12月のおたっしゃ広場でお世話になる予定です。 先生方に学ぶのは、 「オーラルフレイル」と言う新概念! お口が弱るのは、姿勢や呼吸も関係があるのです! 口の構造について、 お茶を飲みながら、ポテチを噛みながら、ヨーグルトを食べながら、 解説を聞くと、驚くことがいっぱい! 口ってとてもよく出来ています! 研修後、お口の健康に対しての意識がグッと高まりました!   12月のおたっしゃ広場をどうぞお楽しみに♪ 京都市南区の介護・介護予防の市民相談窓口 出張型地域包括支援センター おたっしゃ広場

高齢者虐待防止のための出前講座に行ってきました!

2016-11-18

こんにちは! 久世地域包括支援センターの畑中と千木です! 私たち、地域包括支援センターの社会福祉士は 高齢者の権利を護る役割を担っています。 高齢者虐待の通報先にもなっておりますし、 実際に支援・対応も行っております。 ただ、通報に至るような状態になるまでに、なんとかしたい! 日々、高齢者虐待案件に対応しながら思うことです。 京都市南区の社会福祉士部会の活動の一環で、 介護保険サービス事業所を対象とした、 「高齢者虐待防止のための出前講座」を実施しております。   本日も、デイサービスとヘルパー事業を行っている 介護保険事業所を対象に、 部会のメンバーと一緒に出前講座を行ってきました。 介護現場で働く方が、 少しでも早期から「虐待」の要素を発見し、 それに対してアプローチ出来るよう、 今後も啓発を重ねていきたいと思います!   京都市南区の介護・介護予防の市民相談窓口 出張型地域包括支援センター おたっしゃ広場