高齢サポート久世(京都市久世地域包括支援センター)のブログです。

記事一覧【最新情報】

コロナ関連詐欺にご注意ください

2020-08-28

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、 緊急事態宣言や特別給付金などに便乗した詐欺・悪質商法が増えています。 くれぐれもご注意ください。 今後も予兆電話を含む「特殊詐欺や感染防止等をうたい文句」とした 悪質商法の発生が懸念されます。 ・電話の事例 ①役所の職員を名乗り 「コロナ対策の助成があります。助成の申請をしてください」 (または、手数料を振り込んでください) ▼▼▼ 役所が事業者に申請手続きを勧める電話をかけることはありません。 ②息子を名乗り 「コロナに感染した。お金が要るので振り込んでほしい」 (または、お金を取りに行くから用意して) ▼▼▼ 突然、別居しているご家族からお金を無心する連絡があった場合は、 振り込みや手渡しする前に、把握しているご家族の連絡先に電話をかけ直したり、 他のご家族に相談してください。 その他「水道管がコロナウィルスに感染している恐れがあるので点検する」という電話や、 注文していないのに「コロナ感染防止に有効」という商品が届き、 代金を請求される事例も報告されています。 《 特殊詐欺の入り口は「固定電話」です!》 特殊詐欺被害のほとんどは固定電話にかかってきた事がきっかけです。電話の防犯機能を使えば被害の多くを防げます。 録音機能の付いた電話機も販売されており、現在ご使用中の電話機に取り付けるタイプもあります。また、在宅中でも留守電の設定にしておくのも効果的です。その他、犯人の多くは非通知でかけてきますので、ナンバーディスプレイや電話の非通知拒否機能も有効です。 警察や消費生活センター等に加え、 地域包括支援センターも消費者被害の相談窓口となっております。 いつでもご相談ください。 《 お問合せ先 》 久世地域包括支援センター 075-933-5787 京都府警察本部生活安全企画課犯罪抑止対策室 075-451-9111

コロナ関連詐欺のご注意ください

2020-08-28

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、 緊急事態宣言や特別給付金などに便乗した詐欺・悪質商法が増えています。 くれぐれもご注意ください。

認知症サポーター養成講座

2020-07-13

認知症サポーター養成講座を久世西老人福祉センターで行い、30名の方が参加下さいました。 包括職員が、認知症の病態や症状など講義させて頂きました。 また、グループワークでは、実際に認知症を患う家族を介護されている話や、近所の認知症の方と関わりを持っている話に熱心に耳を傾けておられました。 サポーターになったからといって、『なにか特別な事』をする必要はありません。認知症を正しく理解する事でいいのです。

「郵送型・地域包括支援センター」はじめました!

2020-06-08

「出張型・地域包括支援センター」として イオンモールで毎月開催しておりました「おたっしゃ広場」ですが、 新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、 当面の間、開催を見合わせることになりました。 その他、様々なイベントが自粛されており、外出もままなりません。 自宅で過ごす時間が多くなってしまいますね… そこで、お家でも楽しく介護予防をしていただき、 いつまでも元気でおたっしゃに過ごそう!という思いから、 塗り絵や漢字、体操やナンプレ、工作などの「おたっしゃキット」を郵送いたしております。 京都市南区の祥栄学区・久世学区にお住まいの方で、 「おたっしゃクラブ」にご登録いただいている方が対象となります。 ご希望の方は、久世地域包括支援センターまでご連絡ください。 ■お問合せ    久世地域包括支援センター TEL.075-933-5787  

『郵送型』地域包括支援センター

2020-06-08

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からイオンでのおたっしゃ広場は、当面の間見合わせております。 イベント自粛がまだまだ続いており、自宅で過ごす時間が多くなっていることと思います。そこで、お家でも楽しく介護予防をして頂き、いつまでも元気でおたっしゃに過ごして頂こう!という思いから塗り絵や漢字、体操やナンプレ、工作などを郵送させて頂きました! 名付けて、『郵送型地域包括支援センター』!! 久しぶりにハサミを手に取り、工作をしてみましたが、細かい部分は神経を使いますし、折ったり、貼ったり頭を使いました! みなさんも、是非ともチャレンジして、おうち時間を楽しんで下さいね!